News新着情報

Newsマーク Sukhai YOGAが考える”楽に”走るということ。

2018.12.13

 

こんにちは

「横浜の端っこでヨガとランニングを学べるスタジオ」
Sukhai YOGA ‐スカイヨガ‐です。

 

 

ご迷惑おかけしていましたスケジュールカレンダー
ちゃんとご覧いただけるようになりました!

HPのトップにスケジュールページへ飛べるアイコンを設置。
ちょっと見やすくなったらいいなぁ、と思います。

 

さて、カレンダーにもUPしていますが

今週末の日曜日に第2回RUN LABイベントを開催します。

↓ 前回の様子はこちら ↓

「日本で唯一」を日本一早く、のお話。

 

今回は「ランの重心位置って?」と銘打って
みんな悩んでる着地点から重心操作について
動きながら学んでいこうと思います。

気分はすっかり
さぁ、みなとみらいで僕と握手! です。
(昭和のヒーローの名言、わかる方だけ笑ってやってください^^;)

 

さて今回は、

イベントでもSukhai YOGAでも一貫してお伝えしている

「楽に」走るについてお話したいと思います。

 

 

「楽に」「速く」走るって矛盾してる?!

 

Sukhai YOGAで推奨するランニングでは
いつでも「快適に」「楽に」という表現を用いています。

 

それは無理や無駄のない身体の使い方をつうじて
本来持ちうるあなたの可能性をスムーズに引き出そう、という考えに基づいています。

 

この表現が誤解を受けることがあり、
ごくたまーに”楽に = 一生懸命でない”と捉える方に出会います。

 

そもそもランニングって頑張るものでしょ?!

私は苦しい方が効いてる気がするけど?!

 

わかりますよー、その気持ち。

 

確かに走ってる時は苦しいです。

(なんでお金を払って苦しいことするの?なんて聞かれません?)

でも走り終わればその苦しさはちゃんと消えますし
むしろ心地よさを得られる。

 

だから”走る=楽しい”となり、習慣にしたくなるわけです。

 

だけど

もし走った後の身体に疲れやダメージが出て
それをいつまでも引きずることになったらどうでしょう?

 

”走る=ツラいもの”という印象が強く残りますよね。

 

真意をちゃんと記してみますね。

 

ヨガから学べるランニング

 

Sukhai YOGAでいう「楽に」という考え方は
ヨガスートラ(ヨガの経典)に基づいています。

 

SUTHIRA SUKHAM ASANA (スティラ スカン アーサナ)
”座法(ポーズ)は快適で安定したものでなければならない”

 

なりふり構わずポーズの難易度ばかりを追い求めることなく
日々の鍛錬で安定・快適を積み重ねながら体得することが大切です。

 

しかしただ繰り返すだけでは思うような変化・効果は訪れません。

そこにはちょっとした身体の使い方のコツがあり、
それを日々のプラクティスの中でスムーズに行えるよう
心と体で感じとりながら学んでいくのです。

 

ヨガを鍛錬した人だけが知っている「楽のための力」

 

ヨガの鍛錬が進んだ人々は
ダイナミックなポーズも実に滑らかに、穏やかにとります。

でも穏やかそうな外見からは想像つかないような
力のぶつかりや重なりが内側で起きていて・・・

実はすごいことになっているんです(笑)。

 

でもすごいことにならないとその穏やかな動きは得られない、
”楽をするための力”を働かせています。

 

同じことを一般の方がしたら翌日はロボット確実 (;´∀`)

 

ヨガはランニングのように
タイムや距離のように具体的な数値化はされませんが
その快適さ・楽さには確かに裏付けがあるのです。

 

ランニングも同じこと。

力づくで記録を獲りにいってもそこに安定はありません。
例えゼェハァいう練習でも、そこには自分を見つめるゆとりが欠かせません。

 

Sukhai YOGAが目指したい「楽に走る」とは

 

あなたのゴールが見つかりますように★

 

身体にも、取り組む心にも
まっすぐ伝わる「一生懸命」が叶っているか?

 

自分自身を見立てる力を養われた状態

Sukhai YOGAでは、これを「快適」で「楽」な動きと呼びたいと思います。

 

ということで
走るたびにヨガの心も学べるランニングイベント

RUN LABは12月16日(日)開催です。

ご興味のある方はまず1回お試しください。

 

そして今日もココロもカラダも育つ、を心がけて
ヨガクラスを朝から晩まで。

ヨガ漬けで忙しいなんて幸せですよね^^

 

皆さまもどうぞ心豊かな一日をお過ごし下さい♪

 

それでは今日はこの辺で。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。