News新着情報

Newsマーク ヨガで最も難しいポーズの話。

2019.04.07

 

こんにちは

「横浜の端っこでヨガとランニングを学べるスタジオ」
Sukhai YOGA ‐スカイヨガ‐です。

 

桜の見ごろが長く続いていますね。

あなたは今年、何度お花見しましたか^^?

スタジオ隣の公園で毎年こんな桜が楽しめます^^

 

淡いピンクの小さな花なのに、
ハッと目を引き うっとりと眺めたくなる華やかさ。

本当に日本って素敵だなぁと
この季節が来るたびに気づかされます。

 

桜を眺めながら
ぽかぽか陽気に包まれてついウトウト、
なんていうのも気持ちがいいものですが

 

新生活スタートのタイミングで
新元号スタートのタイミングで

何かを始めたい!なんて気持ちを
「眠いからいいや」であきらめたくない。

 

 

そんなあなたを応援すべく
眠気のスイッチをうまく切り替えるために
そのしくみについて考えてみたいと思います。

 

 

春って、眠い??!

 

春って、眠いよね?!

クラスの前、生徒さんが叫んでいたっけ(笑)。

確かに、ですよね。

ではその原因を追ってみましょうか。

 

 

眠気のスイッチになる神経のはたらき

眠い、眠くない、は
あなたの身体の自律神経が決めてます。

ざーっくり説明しますと

 

自律神経系:体内をコントロールして調子をととのえる神経。
・・・・・・・真逆のはたらきをする2つに分類されます。

交感神経  →  日中の活動がしやすいようにシャキッとさせる役割。
・・・・・・・血液は主に関節を動かす筋肉で使われる。

副交感神経→身体を休めるためにリラックスさせる役割。
・・・・・・・血液は主に消化活動をする内臓で使われる。

 

こんな感じです。

ウトウトしちゃう時は副交感神経が優位、
ということがわかりますね。

 

寒さが緩むとカラダも緩む

硬く身を縮めて
筋肉のはたらきで寒さを守っていたあなたのカラダ。

春の陽気にそれを一気に緩めます。

筋肉のリラックス = 副交感神経

というわけで

春って眠い、の仕組みが完成するわけです。

 

あなたのカラダはとっても賢い

自律神経系は素晴らしいことに
私たちが働きかけなくても仕事をしてくれます。

寒い時は鳥肌を立てて体温を閉じ込めたり、
暑い時は汗をかいてクールダウンさせたり。

(人間のカラダ、すごすぎます。)

 

汗を止めようと思えば思うほど出てきたりするように、

一般的に自律神経のはたらきは
自分じゃコントロールできない分野と考えられています。

 

加えて自律神経は
気候や環境などのストレスもつぶさに感じとるため

季節の変わり目など
意識化にない変調(揺らぎ)を起こすことがあります。

 

それが「原因不明の不調」といわれたりもしますが、
私たちが気づかないくらい微細な出来事に
忠実に順応しようとした結果のように感じます。

 

あなたのカラダは本当に賢くていい子です。

 

手っ取り早く眠気を何とかするには

 

眠い時に寝られたら最高ですが
そうもいかない場合も多いですね。

仕事においても
新年度は決め事のための会議も多いでしょうし。

 

どうしても寝ちゃダメな時。

自律神経のスイッチ切り替えに使えるのは
ズバリ、筋肉です。

 

筋肉も大きく2つに分類されます。

随意筋:意識的に動かすことのできる筋肉
・・・・(手足を動かす筋肉など)

不随意筋:意識下で動かすことのできない筋肉
・・・・(心筋、内臓など)

 

意識できる随意筋の動きは
無意識にはたらく交感神経とのつながりが強い。

と、いうことは
寝ちゃダメな時は運動すればいいんです。

 

会議中は無理でしょ?!という方。

両手を合わせて強く押し合ってみたり
組んだ脚を強く引き離してみたり

見た目何ら変わらないけど力を加えあう
『アイソメトリック運動』なんていかがでしょう?

(ちなみにヨガはアイソメトリック運動の連続です♪)

 

同じ聞いてないんでも
船漕いで目立つよりトレーニングになります^^

 

ちなみに昔の私が会議中にやってたのは
”筋肉を揉んで血行を促す”こと。

ヨガを知る前のお話ですが…なかなか理にかなってましたね(笑)。

 

ヨガで深いリラックスを得る方法

 

生徒さんのウトウト率が高まる春。

クラス前のお話から最初の瞑想まで、
まぁよく沖まで漕ぎ出してる方の多いこと(笑)。

 

クラスにお集まりいただくこと自体
私にとってはありがたいことですがね。

クラスで扱うポーズの強度によっては
まったり取り組むと安全でない場合もあります。

 

だから
ウトウトさんの心身の移り変わりは
じっくり見てあげたいな、といつも考えています。

 

丁寧に目を配る過程で感じたのは

集中して動いた人ほど
クラス最後のシャバ―サナ(savasana)において
深いリラックスを得られている、ということ。

 

ヨガのシャバ―サナ(savasana)。

 

何にもしないで
ただ、横たわるだけのポーズです。

 

この「ただ」がやたら難しい。

 

↓「ただ、やる」の大切さに触れたコラム ↓

運動がなかなか上達しない、という方へ。

 

ヨガの指導者として
交感神経MAXの超緊張状態でクラスを担当し始めた時の話。

 

ある時のシャバ―サナ中に
そこに横たわる生徒さんお一人お一人が
突然、無性にいとおしく思えたことが
私の指導者としてのブレイクスルー体験でした。

それ以来、毎回生徒さんをじっと見守る
クラスの中でも特に大事にしたい時間です。

 

 

おそらくウトウトさんは
早くシャバ―サナが来ないかなと思っているのに
いざその時間になるとソワソワ落ち着かなかったり。

 

しっかりエネルギーを使い切った方が
スイッチoff後のチャージも質が高い。

 

どうやら充電池と同じ仕組みのようですよ。

 

 

リラックスを学びたくなったら

ヨガのフリーペーパーYOGAYOMU
先日発刊された最新号のテーマはシャバ―サナです。

何でも初めて単体のAsana(ポーズ)で特集を組んだそう。

 

それくらい奥が深くて
自らの制御下で高められないシャバ―サナの質。

 

読んで学んでみたいな、という方は
スタジオエントランスにてYOGAYOMU、お配りしています。

 

身体で学んでみたい、と思ったら
どうぞSukhai YOGAのクラスにお越しください。

 

百聞は一見に如かず
案ずるより生むが易し

 

眠りの天才、Deco店長とお待ちしております

 

 

 

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。