News新着情報

Newsマーク 体調イマイチな時こそヨガ!クラス参加する際のコツとは。

2019.07.06

 

こんにちは

「横浜の端っこでヨガとランニングを学べるスタジオ」
Sukhai YOGA ‐スカイヨガ‐です。

 

 

今年の梅雨はちゃんと雨が降りますね。

 

雨が吹き込まないように窓を閉めると暑くて

暑さでにじんだ汗が体を冷やして、、、

 

今の夏風邪(梅雨風邪?)は
むせるように咳をする方が多いなぁ、なんて思っていたら。

 

 

ハイ、私も引きましたぁ(;´∀`)

こんな流行りには乗るつもりはなかったのですが。。

 

ちょうどクラスに来られないときのヨガのお話をしたところで
こんなタイムリーは要らないんですが。。。

 

↓ マットの上にこだわらないヨガについて触れた前回コラム ↓

ヨガしたい!でも時間がない!というあなたへ

 

何年もまともに引いていなかった風邪なので

せっかくだから学びに変えようと思います。

(やはり私はただでは転ばない。。。)

 

気力体力が伴わず書けない日が続きましたが

処方していただいた漢方が効いてきたので

(スタジオ裏に内科クリニックさんがある幸せ^^)

 

せっかくの週末を有意義に過ごすべく、

今だから書けることをシェアしていきますね。

 

 

 

 

「風邪」とはよく言ったもので

心地よく葉を揺らす「風」は心地よいのに

調子を乱す「風邪」は厄介者。

 

そもそもなんで「”風”邪」ていうんでしょう?

 

それは ”飛ぶ” から。   .

 

風に乗るように、その症状はあちこちに飛ぶらしく。

飛んだ先が抵抗力の落ちた(弱った)組織ならその症状が顕著に出ます。

 

かつて喉が痛い、声が出ない、なんて言ったことなかった私も

声を使う仕事を始めた途端、風邪菌が喉に悪さするようになりました。

 

その時流行っているウィルスの傾向はあるようですが、

「今は身体のココが頑張っているんだな」

と考える目安になるかもしれませんね。

 

自らに置き換えると…

うんうん、当てはまるような気がするなぁ。

 

あなたはどうですか?

 

なるほど、なカラダの反応

風邪からの攻撃による症状はそれぞれ。

それはわかったけど、、、

 

この症状はどうして出るの?

どうしたら 緩和されるの?

気になりますよね。

 

今回は私が身をもって味わった(?)症状について

ほんの一例ですがご紹介します。

 

熱が出る風邪 出ない風邪

 

風邪を引いて寝込んだ時の定番、氷枕や額のタオル

 

本来のベストバランスである”頭寒足熱”のためのアイテムですよね。

家族が熱を出した時、心地よさそうにしてたっけ。

 

これは身体が熱に弱いウィルスに対抗して体温をあげているから。

ちゃんと身体が戦えていて、優勢な状態です。

(あまりに高熱が続き、自らの組織まで危険な時は解熱が必要。)

 

戦いに劣勢な時は、、、ただ悪寒ばかり。

漢方屋さんなどで「青い風邪」と表現されます。

血行を良くして身体を温めることで風邪菌を追い出すことが大切。

 

何を隠そう、私はこの青い風邪の名手(自慢できません)。

だから氷枕が嬉しい!と思ったことはただの一度もないんです。

今回の風邪も熱っぽくなって初めて快方に向かいました。

 

ちなみに風邪の色は下の3色。

今当てはまるおつらさがある方は参考になさってくださいね。

 

 

赤い風邪:高熱・喉が痛い、渇く・鼻づまり 熱を下げる

青い風邪:悪寒・頭痛や関節痛・鼻が垂れる 体を温める

黄色い風邪:むかつきや下痢・だるい お腹の調子を整える。。。

。。。。。。。。。。。。。。。   。 。※ 田辺製薬HP参照 ※

 

 

寝たい時間に訪れる厄介な咳の理由

ZZZZ… 鼻がふさがっていますが構わず心地よさそう^^

 

今、絶賛むせるような空咳の真っ最中です。

そんな時にスヤスヤ眠るDeco店長を見ていると

ほっこりをもらう反面、少々うらやましくもありますね(笑)。

 

話をヨガクラスご戻しますと

参加の生徒さんにも長引く咳にお困りの方、

本当に多いです。

 

しかも咳が押し寄せるのは

最高のリラックスを得たいシャヴァーサナの最中><

 

 

咳が出ないように必死に堪える疲労感

もう治ったと思ったのに、、、というガッカリ感。。。

周りの方のご迷惑では!?という焦燥感

 

あるある、ですよね。

実際「自信がないからクラス休みます」なんてお声も。

 

 

細い川を勢いよく水が流れたら溢れるのは道理。

 

副交感神経が優位にはたらく(=リラックス)時、器官が収縮したり

横になった瞬間、鼻水など粘膜の水分が器官に集まったり

 

どうやら咳が出やすい環境が整ってしまうようです。

 

 

風邪で体力奪われているのに疲れるくらい咳が出るのは…

そう、必要だから

 

それだけ外に出したいものがあるから、なようにも思えます。

 

体調を整えるのに水分補給は大切ですが、

寝る直前に摂るのを控えてみるのもよいようです。

 

気になる方はお試しくださいね。

 

それでもやっぱりヨガはおススメ

シャヴァーサナの咳問題の他にも

 

鼻呼吸がそもそも無理そう

ダウンドッグの時に鼻が垂れそうだよ

クラス最後まで体力もたなそう

 

クラス前にいろんなお悩みを耳にします。

 

ですが、ヨガしたいなと思える気力がある時は

「やってよかった!スッキリした!」という場合がほとんど。

 

鼻が出る、咳が出る、という症状も

すべては 巡りを良くしたいよ という身体の声な気がします。

 

 

ここで大事なのは

その「ヨガしたい」の気持ちが

内側から湧き出るものかどうか

 

やらないと硬くなりそう

やらないと太りそう

日課だから

回数券の期限が切れるから

 

これらは心(heart)でなく思考(mind)です。

こんなフィルターが掛かっていないか見てあげてください。

 

そしてもう一つ大事なのは

きちんと医師の診断を受けて参加すること

 

いくら湧き出る想いがあっても

ドクターストップな場合はちゃんと休みましょう。

 

一緒にするメンバーさんの立場だったら

楽しいヨガクラスで風邪をもらった、なんて嫌ですよね。

 

 

「体にいいヨガをしているから医者は要らない」

なんて誤解をホント――――に良く受けます。

 

ヨガは代替医療でなく補完医療   .

 

大事がなくても、安心のための診察料だと思いましょう。

 

体調イマイチな時にヨガをする際の注意点

イマイチな体調を上向かせるためにヨガ。

そうはいっても、快適にクラスを受けるにはいくつかのコツが。

 

ご参考までにいくつか挙げます。

 

ゆるりとまんべんなく、よりポーズを絞ってでも全力で
・・・・・・・・・・ メリハリのある動きが巡りをもたらします

無理に鼻呼吸にするより「止まってなきゃいいや」の気持ち
・・・・・・・・・・ 巡りが良くなれば鼻は通りだします

キツイな、と思ったら見てるだけでも十分
・・・・・・・・・・ 第三者の視点を養える、など学びはたくさん。。。

シャヴァーサナで咳が出そうなら膝を立てたり側臥位をとったり
・・・・・・・・・・起きて瞑想していてもいいですよ

 

ツラいならツラいでいい。

本当は頑張りたい自分には嘘をつかない。

 

そんなご自身との会話の時間になればいいなと思います。

 

 

と、いうことでSukhai YOGA

 

ちゃんと医師の診断、受けてます(笑)。

Deco店長が、癒します(笑)(笑)。

 

全てがオーダーメイド。

あなたの動きたい、も休みたい、も叶えます。

 

よかったら遊びにいらしてくださいね。

店長ともども心よりお待ちしております。

 

 

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。