News新着情報

Newsマーク ECOUIN日記 vol.3

2018.08.07

 

こんにちは

「横浜の端っこでヨガとランニングを学べるスタジオ」
Sukhai YOGA(スカイヨガ)です。

 

ECOUINインサート体験日記

あれから2週間
使用から3週間が経ちました。

「それでそれで??」と興味津々な方も
インソールで身体まで修正なんてホンマかいな、と半信半疑な方も
フラットな視点でお読みいただければ、と思います。

 

13日目(7/27):ラン自主練

インサート装着時の感覚が安心感に。
自覚していない違和感があったのかもしれません。
どこに疲れを感じているか?をじっくり観察します。

→足首のだるさは足底筋の筋腹部(土踏まず踵寄り)の疲れによる様子。
スタジオにあるツールを駆使してほぐしたら随分楽になりました。
歩行時には足指へ血が流れる感覚を実感しています。
新しい感覚…ということは今までちゃんと巡っていなかったの!?オソロシイ。。

 

17・18日目(7/31・8/1):ラン自主練

台風や暑さが襲う中もコツコツと足裏からバランス改善に努める日々。
シューズによっては付けられない日もありますから、
付けている時とそうでない時の身体の違いなどを内観します。

→足だるいなぁ、と感じるのはECOUINを使って疲れたからなのか?
はたまたECOUINの支えがない裸足のときの負担なのか?
使い始めは前者、今の状態は後者のようです。
インサートに教えてもらった足の配置を保とうと頑張っている感じ。
やはり私の「普通」は変わってきてるんだと思います。

 

19~21日目(8/2~4):付けずに遠出(車ですけどね)

車中で座っている時間が長かったので、ECOUINは一旦お休み。
足裏が感じる違いはどうか?脚の状態はどうか?
出先だって心の中では絶賛実験中(笑)。

→車の中って冷やしたくない足首が冷房にずっとさらされますから
レッグウォーマーで保護して過ごしました。
(足首使わないのは運転していないから^^;)
かつて座りっぱなしの姿勢では殿筋(お尻)やふくらはぎが固まり
張りや引き攣れを感じていましたが、さほど気になりませんでした。
「足首の状態は股関節に影響する」を自ら実感。

 

22日目(8/5):練習会にて5kmタイムトライアル

『旅の体あるある』
①乗り物ばかりで運動量が減る ②水分摂取が減る(お酒除く) ③食事が偏る
全てが当てはまったのでお腹パンパン、脚パンパンでの練習会。
不調が痛みにつながる箇所がないか、余裕ないくせにチェックは怠らず。

→かつては疲れがたまった状態でいきなりダッシュすると
ハムストリングスや殿筋にピアノ線が攣れるような感覚がありましたが
そういえばないような。(この「そういえば」の感覚が大事。)
これで走り込みが重なる時期にツラさが出なければ調整は成功している模様。

 

23・24日(8/6・7):レッスン移動のみ使用

スポーツはある程度身体への意識が高い状態で行いますが
この意識が日常生活にも浸透してきたらちゃんと身体が変わる兆し。
毎日使えるECOUINとはいえ、裸足の時間の方が圧倒的に長いし
身体の癖が形成されるのは日常生活で、がほとんど。
何気ない動作の中の気づきもすかさずチェックです。

→立位・歩行時に気にならなかった足関節の外反。
座って足を投げ出した時に現れる癖を発見。
なぜ発見できたかといえば、足首がツラかったから。
ツラさに気づくたびつま先を正面に戻す、の繰り返し。
この積み上げがスタンダードを変えてくれる予定。

 

以上、使用開始から3週間のレビューです。

装着時の違和感を感じるは平均1ヶ月ほど、とのことですが
付けない状態との差がなくなるのはもう少し先かもしれません。

 

ちなみに、足の計測時にウェッジで調整をしますが
ECOUINインサート出来上がりはトップの写真のようになります。

調整した厚みが自然になるように手作業で制作する、まさにオーダーメイド。

 

気になる方、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

快適、とまではいかないながらも
前回の日記よりは良い状態をお知らせできた気がします。

さてそろそろ1ヶ月!
次回のECOUIN日記もどうぞお楽しみに

 

最後までお読みいただきありがとうございました。