News新着情報

Newsマーク 取材こぼれ話 ~月刊ランナーズに掲載未遂?!~

2019.12.19

 

こんにちは

「横浜の端っこでヨガとランニングを学べるスタジオ」
Sukhai YOGA ‐スカイヨガ‐です。

 

 

2019年も早いものであと2週間。

 

 

あなたにとって2019年はどんな年でしたか?

 

あっという間の中にも

アレもやったな、そういえばコレも今年できたな、と

結構いろいろ頑張っていたりするものです。

 

 

ヤバい、何もしてない!と思った方も

まだ2週間ありますからね、と

今年もこの場で伝えておこうと思います^^

 

 

↓ 年末まであと○○km走らなきゃ、なんて考えてたらぜひ読んでほしいコラム ↓

月間走行距離が気になり始めたら読んでほしいコラム

 

さて今日のコラムは

今年、何だかご縁の多かったメディアとのつながりで

感じたこと、学べたこと。

 

 

私の中の想いをシェアさせていただこうと思います。

 

 

 

 

載らないけど、敢えて書く!

コラムタイトルのとおり、

かの有名な月刊ランナーズさんから取材の依頼をいただきました。

 

本当は明日、12月20日売りの紙面に掲載される予定だったのですが

特集企画に変更があったため

ひとまず今回は見合わせとなりまして。

 

だからここに記すこともないかな、とは思ったのですが…

 

 

載る、載らない、の結果よりも

取材にあたり準備をしたことで

「こうありたいな」という自分が少し見えたのと、

 

取材にご尽力いただいた

ランナーズ編集部のA井さん(隠せてませんw)

新しい道に進むべくご退職されると伺ったのとで、

 

感謝と決意?を綴るべく、書く事にしました。

 

 

明日、月刊ランナーズ開いても

私は載ってませんのでご注意を!!(笑)

 

 

ギフトは突然に

それは2019年の7月下旬。

 

T橋さん(だから隠せてないって)というご担当者からの

一通のお問合せメールから始まりました。

 

近くまで行くので話を聞かせて、と

20分ほど取材の予定が…1時間半どっぷりトーク(笑)。

 

お声をかけてくださったのは

 

「ヨガが生業でここまでガチランナーな人はそういないから」

 

ヨガでメンテナンスをしながら走る様子が

雑誌媒体を好む年代(20代よりは上かな?)の

”走るための身体づくり”への参考になるのでは?と

思っていただけたそうです。

 

 

お?みんな走り方とか日頃のケアとか、気になり始めた??

と嬉しい一方で

 

とはいえサブ4(フルマラソン4時間切り)して初めて

みんなの関心を呼ぶ土俵に上がれるのかぁ、と

憂慮のような気持ちも芽生えました。

 

 

傍目には”無茶でしょ?!”というほどランに没頭していたとしても。

 

 一日でも永く走れるランナーになりたい 

 

と誰しもが答えます。

 

そんな方たちにも

私から何かを伝えられたら嬉しいなぁ、と

突然訪れたギフトのような時間に

そんなことを考えていました。

 

 

この時は「こんな面白い人いるよ」とプレゼンしてみます、

ということで取材を終えました。

 

 

ギフト再び

季節はちょっと過ぎて

マラソンシーズン直前の秋に、

またまた編集部からメールが来ました。

 

担当だったT橋さんが異動の際に

A井さんに「面白い人」の話を引き継いでくださり

ウォーミングアップに関する特集記事に向けて、電話取材の依頼でした。

 

 

いきなり走らずひと手間かける方法を知りたい人がいるなんて

本気でランに取り組んでる証拠ですよね。

 

「ケガなく快適に走りたい」という意識が浸透してきたのかな、と

じわじわ嬉しく感じました^^

 

後日、電話取材。

(話し込んで取材時間が延びたのはお察しのとおり^^)

 

「で、実際コトブキ先生は走る前のルーティーンってどんなです?」

 

・・・

・・・

・・・(しつこい)

 

実際これくらい考えたんですが。。。

 

「ルーティーンねぇ、ないんですよねぇ。」

 

 

どれだけ時間があるか?とか

どれだけの空間を使えるか?とか

どんな練習をするのか?レースなのか?とか

 

いつも違う状況をふまえて

いくつかの動きの中から

「今」必要なものだけ取り出して行うのが私流。

 

だからルーティーンって、正直ないんです。

 

 

でもって、よくやるものの説明をしたら・・・

見ないとよくわからない(笑)。

中央の低い人が私。(RUN LAB@横浜より拝借)

 

こんなに張り合いのない答えしかしない私にも優しいA井さん。

 

でもケガしてないのもすごいし、

動きも興味深いから実際に見せてよ、ということで

2日後の撮影取材になるわけです。

 

あなたの動きにプラスワン。

さぁ、日々想いを巡らす中でとっ散らかっていた(?)構想を

中一日でまとめますよー!とばかりに準備。

 

毎回こういう時間に成長する気がして、

感謝しかありません。

 

 

さてここで質問。

あなたのアップにルーティーンはありますか?

 

同じ動きを行うことでその日の調子を感じ取れたり。

 

薬ですよ、と処方されたのがラムネ、なんていう話があるように、

”これさえやれば大丈夫”というお守りのような存在になったり。

 

そんな意味でルーティーンって大切です。

 

 

練習やレースの前によーくお見掛けする

片足ずつ前後左右にユラユラぁユラユラぁとする「動的ストレッチ」

 

走る前のルーティーンにされている方も多いかと思いますが、、、

 

そこで質問をもう一つ。

そのルーティーンに効果を感じていますか?

 

 

No Judge

 

ヨガの考え方が私のルーツ。

 

あなたのルーティーンにダメ出しするのではなく

より効果的なものにするべく、

片足ユラユラやランジエクササイズなどいつもの動きに

もうひと手間のエッセンスを加えたらどうかな?

 

そんなことを考えて取り組みました。

 

 

知るとつい言いたくなっちゃう筋肉名などの

専門用語を一切カットして、

雑誌という特性上、誤った動作でケガしそうな要素を省いて、

写真1枚1枚にどう情報を詰めるか?なんてことも

私の中での挑戦でした。

 

 

実際の写真は私の手元にないので

ここでお見せできないのが残念ですが。

 

気になる方には

RUN LABやパーソナルセッション

更に丁寧にガイドしますよ^^

 

 

チャンスの神様って、前髪サラサラ

ここまで来たらさぁ掲載、と運びそうですが

いきなり企画が変わることって、きっとザラなんですよね。

 

 

思い出すのは昨年の今頃。

 

1月売りの雑誌のために

スタジオ兼自宅である我が家を取材いただいた時のこと。

 

撮影の日程は急に決まり、

編集部の方と紹介してくれた広報さんは

なんと我が家で名刺交換(笑)。

 

取材記事の推敲上がったよ、と言われたのが1.5日前。。。

 

出版のお仕事って本当に大変なんだな、と思った経験があります。

 

 

そしてもっと大変だと思ったのが

思ったことをきちんと紙面で表現していただくこと。

 

インタビュアーの思惑や

構成の中で導きたい方向性などもあるでしょう。

 

今回A井さんは

どうして私がルーティーンを設けないのか?

どんな考えを持って活動しているのか?

どんな方にこの記事を届けてほしいのか?

短い時間ながら

本当に親身に話を聞いてくださいました。

 

話しながら私の中で大事にしたい軸、も見えた気がします。

 

取材中にメンテナンス。帰り道の姿勢が変わりました☆

 

 

だから実際の掲載云々というよりは

この場を経験できたことで

次伝えるならこんな風にやってみるのは?なんて

更なる考えが浮かぶ機会になりました。

 

何なら今載らなくてよかった!くらい(笑)。

 

ただ一つ言えるのは

 

チャンスの神様って、前髪サラサラ

 

つかんだと思っても

スルンと手が滑ることもあるってこと。

 

だからってあきらめることなく

また前髪めがけて手を伸ばす努力はしていたいな、と思います。

 

いつか、何か、

この場でよいご報告ができるくらい

2019年の残りもその先も、精進してまいります。

 

またSukhai YOGAをよろしくお願いいたします。

 

 

そしてあなたの元にも

フサフサ前髪の神様が訪れますよう^^

 

 

それでは今日はこの辺で。

明日もあなたの心に青空が広がりますように。