News新着情報

Newsマーク トレーニング方法を知りすぎて選べないあなたへ

2019.10.10

 

こんにちは

「横浜の端っこでヨガとランニングを学べるスタジオ」
Sukhai YOGA ‐スカイヨガ‐です。

 

 

なかなか夏の暑さが抜けない2019年も

秋のマラソンシーズンを迎えましたね。

 

週末にはしっかり走りこみたいところですが

関東にはまたまた大きな台風が近づいています。

 

天候不良で外に出られない際、

あなたの走りのパフォーマンスUPにむけて

積極的に取り入れたいのがラン以外のトレーニング。

 

↓ 前回コラム、毎日の気づきがハイパフォーマンスの近道ですよ ↓

満喫した夏休みをハイパフォーマンスにつなげるために

 

短い時間でピリッと練習したい時

走りとセットで相乗効果を狙いたい時

 

あなたが求める効果が得られるように

あまたあるトレーニング方法の選び方について

今日は考えてみたいと思います。

 

 

 

 

 

トレーニングに”特効薬”ってないの?

 

やってきました、マラソンシーズン!

 

とばかりに、雑誌やネットや

あらゆるメディアでも

トレーニングについて数多く取り上げていますね。

 

「30㎞の壁は○○トレーニングで乗り越える!」

「スピードアップのコツは××筋強化にあった!」

 

なんて具合に。

※ ありそうですが、今思いつきで書いただけです。。

 

どんなことを説いているか拝読する中でも

専門的な知識に触れているものも多く

さすが一つ一つは理にかなっているなぁと思います。

 

 

先日ありがたいことに取材の現場に身を置きましたが

(Tさん、その節はありがとうございました^^)

情報を探し、仕入れ、調べて深め…と

記事にはそれに関わるいろんな方のご努力が詰まっています。

 

 

どの情報も決して読み手を陥れようとするものでなく

「本当に良いと思う情報をシェアしたい」という気持ちは本物。

 

 

本物だけど万人に効果をもたらす特効薬にならない。

 

なんででしょうね?

 

 

食後の薬は食後に飲もう

 

実はランニングにおける特効薬、

私はあると思っているんです。

 

だって伝えると、どの生徒さんの身体が”秒で変わる”から。

 

 

ただ変わらない、変わっていないケースに

最近何度か遭遇しています。

 

 

ここ最近のランニングパーソナルで

行ってみれば黄門さまの印籠のように

エイッ!と特効薬を投じてみたところ・・・

 

皆さん、既にご存じでして(笑)。

 

 

なのに、ご存じない方とお悩みや状態が変わらない。

(だから”印籠感”出しちゃうわけですが)

 

よくよく伺うと

「ネットで情報を得たけど、どうもしっくりこない」んだそう。

 

 

実際の薬でも処方について

使用上の注意をよく読んでからご使用ください .

 

というアナウンスが必ず入りますね。

※  薬のCMでピンポーンというのは
この情報を伝える義務が定められているからなんですよ、豆知識♪

 

 

トレーニングに話を戻しますと…

 

上記のありそうな記事タイトルの

「○○トレーニング」

「××筋強化」

だけが独り歩きすることってよくあります。

 

大切なのは その背景

あなたにとって特効薬になりうるトレーニングでも

 

 

いつ行うべきメニューなのか? 

どこに効かせたくて行うのか? 

 

 

ここを誤ると

”ただ疲れただけ”、”やった、という達成感だけ”、の

もったいない時間になってしまいます。

 

食後に飲んでね、という薬には

そうする理由(背景)がちゃんとあって

背景ごと実践するから効くんです。

 

 

トレーニングってまるでサプリ

 

身体に効果をもたらしたい!と

トレーニングジプシーになっているあなたに、

パーソナルセッションで伝えている

『ストレッチの種類・分類』について特別にシェアしますよ。

 

 

ROM(関節可動域)を広げる

いわゆる”柔らかくなりたい”時に行うものです。

関節に柔軟性があることはケガの予防になりますが

過度なストレッチは筋肉の損傷を引き起こすので注意が必要。

 

リカバリー

使った筋肉に血流を促して疲労回復効果を高めるもの。

呼吸を感じながらのんびり行うと効果的。

これから運動する場合は筋肉が緩みすぎて危ないことも。

 

動かしたい筋肉・関節に刺激を与える

読んで字のごとく、です。

あまり長い時間行うと疲れてしまい効果が薄れます。

 

 

読んでみると

そう言われればそう、ですよね。

 

わかっちゃいるけど

走った後のストレッチでぐいぐい反動をつけてみたり…

いろいろミックスしてませんでしたか?

 

関節の痛みに効かせたい とか

目のショボショボを何とかしたい とか

朝まで残る疲れを取りたい とか

 

効能別にサプリを選ぶように

ストレッチだってトレーニングだって

効き目に応じた処方が必要なわけです。

 

 

どれを飲む?はあなたが決めよう

 

あまたあるトレーニングを選ぶコツは

 

1.トレーニングの背景までをちゃんと知ること 

2.どんな効果を求めているのか?を明確にすること 

 

 

なのですが、

それでも迷ってしまうことってありませんか?

 

あれもこれも、は”ぐるぐるラビリンス”の始まり

 

そんな時に思い出してほしいのは

トレーニングはランのために、
ランはその先にある
”なりたいあなた”になるためにある。 .

 

ということ。

 

この意識が心にあれば

走らないと不安で不安で、時間が空くとつい走ってしまう

人からの「これやりなよ」に踊らされてしまう

『トレーニングができるようになること』をゴールにしてしまう

なんていうことがなくなります。

 

心身ともに大事なのは

あなたの中に軸を持つこと
大事すぎるのでデカい字で書きますよ

 

何度も何度も言いますが

ランだって、ヨガだって

私たちの生活を輝かせるためのツールです。

 

何をするか、何をしないか。

大丈夫、あなたの決断なら全部正解ですから。

 

 

途中そんな話も出てくる

Sukhai YOGAのランニングパーソナルセッション。

 

ランを学びながら

ランだけじゃない人生の可能性が手に入りますよ。

 

 

すべてはあなたの快適のために

 

お問い合わせお待ちしております。

 

 

それでは今日はこの辺で。

明日もあなたの心に青空が広がりますように。